低気圧 頭痛 原因

低気圧で頭痛が起きる原因と対策まとめ!

頭が痛いのを我慢する女性

 

雨の日になると、なぜか頭が痛くなることってありませんか?

 

実は雨が降ると気圧は低い状態になり、
それが片頭痛の原因になることがあります。

 

いわゆる低気圧頭痛と呼ばれているものです。

 

この低気圧頭痛は、快晴の時には何ともないのに、
天候が悪いと頭痛が起こるんですね。

 

低気圧頭痛が発生するメカニズムには、次のような原因があります。

 

血圧の低下

まず、低気圧頭痛が起きる一つ目の原因としては、
気圧が低下することによる血圧低下が考えられます。

 

血圧が低下すると、体の隅々まで血液が行き届かなくなってしまうので、
それに対応するために体の血管が膨張します。

 

その結果、拡張した血管が頭の神経(三叉神経)を圧迫してしまい、
頭痛を引き起こしてしまうんですね。

 

また、神経を圧迫すると、さらに血管を拡張する物質が出やすくなり、
ますます血管が神経を圧迫して、頭痛が酷くなるという悪循環に陥って
しまうことがあるようです。

 

自律神経の乱れ

二つ目の原因としては、低気圧になると、自律神経の働きが悪くなるため、
頭痛が発生しやすくなるといわれています。

 

気圧が下がると、副交感神経が活発になりやすいんですね。

 

副交感神経はリラックスしているときに活発になりますが、
交感神経より優位になりすぎることによって、自律神経の働きに
乱れが生じてしまうことがあります。

 

自律神経が乱れると、血管が拡張して神経を圧迫するために
頭が痛くなります。

 

雨が降りそうな空模様

 

雨が降っているような気圧が低いときに、頭に痛みを感じたら、
それは低気圧頭痛の可能性があります。

 

ちょっとした気圧の変化でも、体調に大きな影響を与えることがあるので、
あまり軽く考えない方が良いでしょう。

 

頭が痛くなったなと思ったら、暗い部屋で横になって安静にしたり、
頭痛に良いとされる食べ物などを摂って、痛みが和らぐのを待ちましょう。

 

→低気圧頭痛を解消する方法はこちら