自律神経 頭痛

薬に頼るしかない・・?いいえ!ズキズキ対策にはこれ!
穏やかな気持ちで仕事もデートも楽しめる♪
90日間の返金保証制度は自信があるから!

公式サイトは以下の画像をクリック!

自律神経の乱れが頭痛の原因!?痛みを和らげるには?

ストレスに負けそうな女性

 

自律神経というのは、本人の意思と無関係に働く神経で、
例えば脈拍や血圧、消化運動や体温調節などの機能をコントロール
しています。

 

しかし、精神的・身体的なストレスによりこの自律神経が乱れてしまうと、
脳の血流を悪化させて頭痛を引き起こしてしまいます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あります。

 

交感神経は人が活発に活動しているときに働く神経です。

 

一方、副交感神経は就寝時や入浴時などのリラックスしているときに
働く神経です。

 

しかし、体がストレスや緊張を感じると交感神経が過剰に働いてしまい、
血管の拡張・収縮がうまくコントロールされなくなり、
頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

頭痛には、大きく分けて二日酔いや風邪などによる頭痛、慢性頭痛、
脳の病気による頭痛の3種類があります。

 

ストレスによる頭痛は慢性頭痛にあたります。

 

慢性頭痛にも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛とありますが、
頭痛の原因の多くは緊張型頭痛だといわれています。

 

緊張型頭痛の女性

 

緊張型頭痛は、ギューっとしめつけられるような頭痛で、
ストレスなどにより血流が悪くなり、頭や首の周りの筋肉が
緊張することにより起こります。

 

精神的なストレス以外にも、デスクワーク等でずっと同じ姿勢を
続けていることも原因になります。

 

また、肩こりを伴うことも多いです。

 

こういったストレスによる頭痛を抑える方法としては、
副交感神経を活発にさせてあげることが必要です。

 

音楽を聴きながらウォーキングする女性

 

副交感神経を優位にするには、ゆったりとした心地よい音楽を聴く、
アロマを使うなどして体をリラックス状態にすることが大事です。

 

また、ウォーキングなど、無理のない適度な運動も効果的ですね。

 

あまりに激しい運動をすると、交感神経が優位になってしまって、
逆効果になる場合がありますから注意が必要です。

 

普段の生活においては、仕事・人間関係・家事などどうしても
ストレスを抱えがちですが、上手にストレスを解消することで
自律神経を整えて、頭痛を防ぐようにしたいものですね。