プロスタグランジン

薬に頼るしかない・・?いいえ!ズキズキ対策にはこれ!
穏やかな気持ちで仕事もデートも楽しめる♪
90日間の返金保証制度は自信があるから!

公式サイトは以下の画像をクリック!

プロスタグランジンが頭痛を引き起こす?生理痛の原因に!

頭痛がツライ女性

 

プロスタグランジンとは、人の体に存在するホルモンで
様々な役割を担っています。

 

プロスタグランジンは何種類も存在していて、
中には頭痛や生理痛の原因になるものがあります。

 

このホルモンは、女性の体内で生理周期に合わせて
子宮内膜より分泌されています。

 

プロスタグランジンには、子宮を収縮させて、
効率よく経血を体外に排出させる働きがあるので、
生理には欠かせないホルモンなのです。

 

しかし、このホルモンには炎症を引き起こしたり、
痛みを感じやすくさせてしまう働きもあるため、

 

生理時にこのホルモンが過剰分泌してしまうと、
頭痛、腰痛、だるさ、吐き気などの辛い生理痛の原因にもなります。

 

ここでは、プロスタグランジンが引き起こす痛みに
対処する方法を紹介しますね。

 

このホルモンの働きを抑制する薬に、
非ステロイド性抗炎症薬というものがあります。

 

頭痛薬

 

具体的には、ロキソプロフェン、イブプロフェン、アスピリンなどの
物質が含まれる薬で、市販薬では、バファリン、ロキソニンなどが
これに該当しますね。

 

生理痛が酷い場合は、これらの薬を試してみると良いでしょう。

 

ただし、プロスタグランジンには胃の粘膜を保護する作用もあり、
これを抑制すると胃腸障害の原因になることもあるため、
用法用量はしっかり守って服用しましょう。

 

また、食べ物でもプロスタグランジンを抑えて、
生理痛を和らげる効果が期待できるものがあります。

 

・ナッツ類
ナッツ類に多く含まれているリノール酸は、
生理痛緩和に役立つプロスタグランジンの元となります。

 

血流、血行が良い状態

 

また、血液をサラサラにする効果も期待でき、血行を促進することは、
子宮周辺の血流の改善につながります。

 

そのため生理痛の緩和も期待できるといわれています

 

・青魚

青魚

 

青魚に含まれるEPADHAという成分に、血液をサラサラにする
効果のあるプロスタグランジンが含まれます。

 

この効果により生理痛の緩和が期待できます。

 

・マグロ、鯖、秋刀魚等
これらはビタミンB2を多く含みます。

 

この栄養素には子宮の収縮を緩める効果があり、
生理時の不快感を緩和します。

 

・野菜(大葉・ほうれん草等)、豆類
これらに含まれるマグネシウムは、筋肉の働きを正常化させる働きがあり、
生理痛にいいといわれています。

 

→マグネシウムをたっぷり摂れるサプリ

 

以上の方法で、つらい頭痛や生理痛の原因となるプロスタグランジンに
対処してみてください。

 

ただ、どうしても辛いときは無理せず休んだり、
病院を受診することをおすすめします。