湿気 頭痛

薬に頼るしかない・・?いいえ!ズキズキ対策にはこれ!
穏やかな気持ちで仕事もデートも楽しめる♪
90日間の返金保証制度は自信があるから!

公式サイトは以下の画像をクリック!

湿気が多いと頭痛になる!?おすすめの対策はこちら!

水滴が多くて湿気が発生

 

湿気が多いと頭痛になってしまうのは、

 

体外に排出する必要がある水分が湿気が多いと排出できずに、
頭部でむくみとなって脳内を圧迫するためです。

 

対策には、汗をかく、筋肉をほぐす、体を冷やさない、グルタミン酸の摂取
を控える
ことなどがあります。

 

汗をかく

湿気のせいで頭痛がするときは、体内の水分を排出することが重要です。

 

軽く体を動かしたり入浴で汗をかくといいでしょう。

 

日本は特に夏に湿度が高いので、何もしなくても汗をかきやすい
環境にあります。

 

それでも頭痛がするのであれば、他の対策をする、もしくは湿気以外に
原因がある可能性があります。

 

筋肉をほぐす

体内の水分を排出するには筋肉をほぐす必要があります。

 

なので体を温めてマッサージなどをするといいでしょう。

 

体を冷やさない

体を冷やす食材の摂取はやめるようにしましょう。

 

むくみの原因は体の冷えにあるので、冷たいモノは避けて、
飲み物も常温のものを飲むように心がけてください。

 

グルタミン酸の摂取を控える

市販のうま味調味料に使用されるグルタミン酸は、
体内の代謝を悪くするので、頭痛がするときは摂取を控えましょう。

 

むくみを解消するには、えんどう豆、空豆、じゃが芋、鶏肉、豚レバー
といった代謝を高める食材を選び塩分を摂りすぎないようにしましょう。

 

塩分を摂取すると体が水分を吸収しやすくなり、むくみやすくなります。

 

むくんだ足

 

湿気で頭痛の症状が出やすい人は、生活習慣を見直すとともに
上記の対策を試してみるのが良いと思います。

 

対処法は頭痛がする前でも、頭痛がしてからでも、実践すれば
効果が期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

湿気が多いと体内の水分を排出することができずに、頭部がむくんで
脳内を圧迫するために頭痛が起こります。

 

なので、頭痛の対策としては、運動や入浴で汗をかく、筋肉を解す、
体を冷やさないようにすることが有効です。

 

さらに、グルタミン酸を控えて代謝がアップする食材を摂取し、
塩分はできるだけ摂らないようにしましょう。