運動 頭痛

薬に頼るしかない・・?いいえ!ズキズキ対策にはこれ!
穏やかな気持ちで仕事もデートも楽しめる♪
90日間の返金保証制度は自信があるから!

公式サイトは以下の画像をクリック!

なぜ運動すると頭痛がするの?労作性頭痛の予防法とは?

運動する女性

 

運動後に頭痛になるという経験をされたことはありませんか?

 

もし運動後に頻繁に頭痛が起きるようなら、
それは労作性頭痛と呼ばれる頭痛かもしれません。

 

労作性頭痛の原因は完全に解明されていませんが、
脳の周りの血管が拡張して、周りの神経を刺激しているせい
ではないかといわれています。

 

そもそもなぜ運動をすると血管が拡張するかといいますと、
脳細胞が有酸素運動で不足した酸素を補うためです。

 

特に運動に慣れてない人や、不慣れな動作をしようとすると、
動きを覚えるのに必死で呼吸がおろそかになってしまうため
酸素が不足して、頭痛が起こりやすくなります。

 

しかし、長年運動の習慣がある人でも
労作性頭痛になるケースもあるんですね。

 

まず一番の対策は、自分がどんな運動をすると頭が痛くなるのか
分かっているのであれば、それを避けるのが一番の対処法です。

 

しかし、現実はそう上手くできない場合もあると思います。

 

そのような人向けの労作性頭痛を防ぐ方法を紹介しますね。

 

鎮痛薬、頭痛薬

 

運動開始前に鎮痛薬や頭痛薬を飲んでおくと予防に効果的です。

 

また、運動中の水分補給も大切ですね。

 

運動中は喉が渇くまえに5〜10分おきに水分をとって、
1時間で500mlは飲むようにしてくださいね。

 

その際に、体内のミネラル量との兼ね合いを忘れてはいけません。

 

特にマグネシウム不足も頭痛の大きな原因で、
汗をかくと大量に失われるので注意が必要です。

 

マグネシウムは、食事で摂るのが難しい栄養素なので、
運動前後にサプリメントで補うのも効果的ですよ。

 

→マグネシウムをたっぷり摂れるサプリはこちら

 

それでも頭痛になってしまったら、
決して無理をせず横になり、血管を収縮させるために
頭を冷やしてください。

 

力仕事や運動をしたときの頭痛は、くも膜下出血などの重大な疾患による
可能性も考えられます。

 

急に激しい痛みに襲われた場合や、これまで運動しても頭痛になった
ことがない人は、すぐに病院で診てもらうようにしてくださいね。