スマホ 頭痛

スマホ依存は頭痛リスクを高めるって本当?

スマホを使う女性

 

スマホ依存で頭痛に悩んでいる人が増加しています。

 

主な原因は大きく分けて、
使用時の姿勢の悪さ、電磁波、ブルーライトの3つです。

 

使用時の姿勢の悪さ

首の骨の形は頭を支えるために、
やや前方にカーブした形状をしています。

 

しかし、スマホを見るために俯いた姿勢を長時間続けていると、
そのカーブが失われてしまいます。

 

この首の状態をストレートネックといい、
頭の重さが直に首や背中に伝わりやすくなってしまいます。

 

こうなると、頭痛や肩こり、吐き気などの症状があらわれていきます。

 

電磁波

スマホから発せられる電磁波は、電磁波の中でも特に体に悪影響を
与える極超短波が含まれています。

 

この極超短波を長時間浴びると、人によっては頭痛、めまい、吐き気、
動悸などの症状が出てきます。

 

海外では「電磁波過敏症」という病名で認知されている国もあるようです。

 

また、睡眠ホルモンを破壊することも知られていて、
質のよい眠りを妨げる原因にもなります。

 

ブルーライト

青い光は散乱しやすい特性があり、目のピントを合わせるために
大きな負担がかかります。

 

また、ブルーライトは強い光なので水晶体や角膜を通り越して、
直接網膜を傷つけてしまいます。

 

これらが原因で目の疲れや頭痛を引き起こすんですね。

 

スマホは特に近距離で画面を見ることになるので、
ブルーライトの影響もその分受けやすいのです。

 

→自律神経の乱れも頭痛に影響する?へ

 

対策として最も気を付けないといけないのはストレートネックです。

 

疲れたな〜と思ったら、こまめに休憩をとり、
首を後ろに大きく反らせるように背伸びをしてください。

 

真っ直ぐになりかけた首の骨を、本来の形に戻してあげる効果が
期待できますよ。

 

また、腕を後ろに突き出して、クルクル回転させて
肩甲骨をよく動かすことを意識しててください。

 

肩コリに効きますし、血流が良くなり、頭痛改善も期待できます。

 

ブルーライトと電磁波の対策は、スマホを見るときに
なるべく距離を離すことが一番です。

 

また、電磁波は使用しないときも微弱な波長を発しているので、
使わないときはできるだけ体から離すようにしてください。

 

その他にも、電磁波防止グッズや、ブルーライトカットの眼鏡を
使用するのも効果的です。

 

もはや日常生活に必要不可欠なスマホですが、
これらの対策を参考にして上手に使用してくださいね。