低気圧頭痛の予報

薬に頼るしかない・・?いいえ!ズキズキ対策にはこれ!
穏やかな気持ちで仕事もデートも楽しめる♪
90日間の返金保証制度は自信があるから!

公式サイトは以下の画像をクリック!

【低気圧頭痛】は天気予報で回避できるのか?

雨や台風が接近している様子

 

低気圧頭痛は、雨や台風などによる気圧の変化が原因となり
起こるものです。

 

そのため、
毎日天気予報をしっかりチェックしていれば、
ある程度の予測はできます。

 

事前に低気圧頭痛を予防したり、
頭痛になってしまってからのツライ症状を和らげるように
対策をしておくことも可能です。

 

一般的に低気圧頭痛は、
6月の梅雨時期や9月の台風時期など、湿気が多くて気圧が低くなるときに起こりやすい

 

といわれています。

 

また、次のような人は低気圧頭痛になりやすいので注意が必要ですよ。

 

  • 片頭痛持ちの人
  • 生理中でホルモンバランスが乱れている人
  • ストレスをため込みがちな人
  • 睡眠不足の人
  • 肩こりに悩んでいる人
  • 十分な休息が取れていない人
  • 免疫力が低下している人

 

頭痛薬

 

私も片頭痛持ちで、普段から頭痛薬を飲むほうなのでわかるのですが、
晴れているときよりも、梅雨や台風時期になると、片頭痛が普段よりも
起こりやすくなります。

 

→雨と頭痛の詳しい関係はこちら

 

頭痛薬を飲んで、安静にしてベッドで寝ていても、
片頭痛の症状は酷くなるか良くても変わらない状態が続きます。

 

安静にして寝ていても、眠りすぎてしまうと逆に緊張型頭痛のような
ズキズキと頭が痛む症状を引き起こしてしまうので、
眠らずに横になっているだけにしています。

 

生理期間と梅雨や台風時期が重なってしまうと、低気圧頭痛の痛みがますますひどくなります。

 

しかし、最近はスマホの気圧予報アプリで体調管理ができるようになり、
気圧情報を知ることができるので、それを参考にしています。

 

→低気圧頭痛を予測するアプリとは?

 

緑茶に含まれるカフェイン

 

また、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、低気圧頭痛に
効果が期待できます。

 

私は両方とも大好きなので、気圧が低くなる日や前日あたりには、
普段以上に摂取するようにしていますよ。

 

光の刺激も片頭痛にはよくないので、横になるときはカーテンを閉めて
部屋を暗くするようにしています。

 

完全に低気圧頭痛を解消することはできませんが、
事前に対策しておくことで症状を緩和させることはできるので、
自分なりにできる対策をしておくことをオススメします。